Spanoo単眼鏡レビュー HD 12X50高倍率レンズ 12倍 広角で使える一台

どーも波チェックやバードウォッチングで単眼鏡、双眼鏡が欠かせない、あつし(@atsushi_reina)です。

今回ご紹介するのはSpanoo社の単眼鏡 HD 12✖️50高倍率レンズです。

バードウォッチングやコンサートで大活躍の一台になります。

あつし
あつしはサーフィンの波チェック用に買いました。

スマホにも装着して撮影することもできお勧めの一台です。

※本記事は自腹で実際に購入して書いたものです。

メリット
デメリット
  • スマートフォンに装着可能
  • 携帯バック付属
  • 三脚付属
  • 軽くて持ち運べる
  • 本格望遠撮影は厳しい
  • 単眼鏡の好き嫌いがある。
目次

Spanoo単眼鏡外観と付属品

しっかりした外箱に梱包されております。これはとても好印象ですね。

中華っぽいデザインではありませんでした。

本体はブラックで

付属品の多さにはびっくりしました。

ガジェねこ
三脚まで付属してるにゃん
三脚は確かに嬉しいよね
  • キャリングケース
  • レンズクリーナー
  • レンズカバー
  • 三脚
  • スマホホルダー
  • ストラップ

これだけの付属品は価格からしてかなりお得感があります。

スマホを固定するホルダーです。組み立ては複雑ではなく、簡単にセッティングOKです。

この様に丸い穴をスマホのレンズに合わせて、単眼鏡にセッティングします。

先にスマホのレンズに位置を合わせておきましょう。単眼鏡をセットしてから位置を調整するのは、至難の業でした。

三脚は若干頼りない造りですが、単眼鏡をセットするには充分。

ただし、カメラやビデオカメラに流用できるほどの堅牢さはないので注意が必要です。

Spanoo単眼鏡を実際に外で使ってみた

あつしの趣味でありライフワークでもあるサーフィンで使ってみました。

波チェック時に海の近くまで行くのが年齢と共に億劫になり、離れた位置から波をチェックするズボラ作戦です。

海に行く前の早朝の玄関でテストしてみます。

2m程離れたところから、スマホで玄関灯を撮影してみました。早朝4時で完全に不審者です。

続いて単眼鏡にスマホをセットして撮影してみました。通常のスマホ撮影では確認できなかった、玄関灯の固定ネジまで

確認することができました。撮影する範囲が狭まりますが、これは期待できそうです。

続いて海に到着してから波チェックで使用してみます。

波チェックしている場所から海までは500m以上あります。波がブレイクしているのわかる程、よく見えております。

本格的な望遠の撮影までは厳しいですが、波チェックには充分使えることがわかりました。

バードウォッチングでも間違えなく使えるでしょう。

Spanoo単眼鏡レビューまとめ

Spannoの単眼鏡はスマホに接続することもでき、三脚付きで

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット大好きなアラフォーサラリーマンです。特にカメラと名がつくものに過剰に反応します。ガジェねこと共にレビューを発信します。レビュー依頼やご質問はお気軽にtwitterのDMもしくは、お問い合わせよりお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる