【Wansview屋外監視カメラレビュー】1080P 200万画素で超コンパクモデル 簡単設置タイプ

ガジェットとカメラが大好き(@atsushi_reina)あつしです。

今回紹介するのはwansview社から発売されている屋外監視カメラです。

夜中ガサガサと外で音がしても怖くて・・・
ガジェねこ
意外とチキン野郎だなニャン

先々の用心も兼ねて思い切って購入してみました。

目次

wansview 野外監視カメラの外観をチェック

想像以上にコンパクトです。コーヒー缶と比べてこのサイズ缶です。ダジャレです…..

あつしの手より小さいコンパクトサイズ

カメラを外壁に試し設置

電源の取り方

シンプルに100Vコンセントから取ります。ソーラーでないのが少し残念です

….

電源の取り方の画像

防水性能はどうなの?

テスト日は積雪の予報が出ており、自転車もひっくり返るほどの強風でしたが、無事にメモリーカードに昨晩の映像が残っておりました。IP66規格を満たしいてるので安心です。

IP66規格とは?

「IP66」とは、IEC(国際電気標準会議)およびJIS(日本工業規格)で定められた電気機器内への異物の侵入に対する保護等級(JIS C0920)の1つのこと。
IPの後に続く数字がそれぞれ「防塵」と「防滴」の性能を表しています。IP66は、強風による粉塵が内部に入らず、豪雨でも浸水の恐れがない防塵防水仕様を示します。

canonのサイトに詳細が書かれています。

ビジネストレンド|キヤノン
防塵防水規格のIP66とは?屋外に防犯カメラを設置する際の注意点 豪雨や強風に晒される屋外に防犯カメラ(監視カメラ・ネットワークカメラ)を設置する場合、防塵・防水性能が大切です。防犯カメラの仕様に記載されている「IP66」とは、強...

第1特性数字は「外来固形物に対する保護等級」

耐塵6:粉塵が内部に入らない

第2特性数字は「水の侵入に対する保護等級」

耐水6:あらゆる方向からの暴噴流に対して保護されている

ガジェねこ
水圧のかからない場所なら安心だにゃん

動画保存とスマホ接続について

wansview防犯カメラ裏面の画像です。メモリーカードを入れる説明

専用ドライバーで下部を開けてメモリカードを挿入してメディアに記憶する方法が一番簡単です。

もう一つの特徴的な方法はスマホにWIFI接続して、監視カメラの様に使いつつスマホに保存します。

しかし初期設定でQRコードを読み込ませるのですが、なかなか認識せずに5分ぐらい格闘しました。

これだけは少し気になるところでした…

QRコードでスマホに接続

接続してしまえばあとは簡単です。

WIFIに接続中の画像です。

cloudにも保存することができます。容量のアップグレードは有償となります。

wifi接続している間は、wansview製品はまとめてスマホに反映されます。我が家では家内カメラもcloudアプリで一括管理しています。

クラウドで複数台管理している画像

実際に撮影してみました

昼と夜に謎の生物が侵入したので撮影してみました。※静止画です。

昼間の映像です。部屋を荒らしている様子

昼間に撮影した見本

夜に撮影。侵入者の特徴を暗闇でもしっかりと撮影しております。

この証拠画像がきっかけで娘のおもちゃ箱に強制送還されました。

Wansview屋外監視カメラまとめ

価格の割にコンパクトで防犯カメラとして画像解像度をしっかりキープしており好印象でした。

IP66規格でもあり、雨風埃にも強く安心して使える一台となります。

是非検討してみて下さい。

ガジェットとカメラが大好き(@atsushi_reina)あつしでした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ガジェット大好きなアラフォーサラリーマンです。特にカメラと名がつくものに過剰に反応します。ガジェねこと共にレビューを発信します。レビュー依頼やご質問はお気軽にtwitterのDMもしくは、お問い合わせよりお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる