【Anker PowerCore III 5000レビュー】名刺サイズで軽量な5000mAh大容量モバイルバッテリーの入門機

どーもツイ廃で夕方には充電残量が10%になる(@atsushi_reina)あつしです。この危機的な状況を乗り越えるべく人生で初めてモバイルバッテリーを購入しました。

モバイルバッテリーデビューに選んだのはAnker社のエントリーモデルPowerCore III 5000です。コスパに優れた人気モデルをステマなしにレビューします。

メリット
デメリット
  • 卵2個分の超軽量 112g
  • SB-CポートとUSB-Aポートを搭載
  • 5000mAhのバッテリーを搭載
  • ポートが2つのみ
  • 最大出力が12W
目次

小型軽量モバイルバッテリーAnker PowerCore III 5000外観と付属品

パッケージは吊るし様にデザインされています。ヨドバシカメラやコンビニでも見かけることがあったのでAnker社の勢いが伝わってきますね。

開封してみます。メンズらしきモデルがスマホにPowerCore III 5000を手に持った画像がお出迎えしてくれます。あつしはホワイトを選択しましが、ブラックもあります。迷いどころですね。

それでは箱から取り出していきます。本体とUSB-A & USB-Cケーブル (約0.6 m)が付属します。

とてもシンプルなデザインです。手に持った質感がざらざらしていて気持ちいいです。

動画ではザラザラした質感が伝わってくると思います。

小型軽量モバイルバッテリーAnker PowerCore III 5000レビュー

大きさは定期入れとほぼ同じ大きさです。ジーパンのポケットに入れてもかさばらないサイズですね。iPhone8と比較してもコンパクトなのがわかります。

iPhone8より若干小ぶりなサイズです。携帯性に優れており便利です。

USB-AとUSB-Cのポートを1個ずつ搭載しております。同時合計出力は12Wまでとなります。同時に複数台の充電はできませんのでご注意ください。

USBーCポート付属はありがたいですね
あわせて読みたい
【25秒でわかる】スマホ用ケーブルの選び方 今回は自身のケーブル規格がわからない方へイラストで簡単に説明します。 【スマホの底面を見てコネクタの規格を確認する】 上記の画像を見て自分のケーブル規格を判断...

実際に充電してみました。

ランプが点灯して本体の充電残量を知らせてくれます。

他は特に難しいことはなく充電することができます。本体自体の充電は高速充電器を使って約3時間で終了します。

小型軽量モバイルバッテリーAnker PowerCore III 5000はこんな人におすすめ

Anker PowerCore III 5000は【軽量で持ち運び便利なモバイルバッテリー】を探している方にお勧めです。卵2個分の軽さでiPhone 13やGalaxy S20を含む幅広いスマートフォンを約1回満充電できます。

大容量モデルより価格も抑えられておりライトユーザーにはお勧めの一台です。

3,000円台のエントリーモデルを是非、お試しあれ。あつしでした。

メリット
デメリット
  • 卵2個分の超軽量 112g
  • SB-CポートとUSB-Aポートを搭載
  • 5000mAhのバッテリーを搭載
  • ポートが2つのみ
  • 最大出力が12W
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ガジェット大好きなアラフォーサラリーマンです。特にカメラと名がつくものに過剰に反応します。ガジェねこと共にレビューを発信します。レビュー依頼やご質問はお気軽にtwitterのDMもしくは、お問い合わせよりお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる